英語だと勘違いされる言葉

お久しぶりです!暖かいですが、間違いなく冬がすくそこだ!秋が大好きで冬が苦手な僕はちょっぴり淋しいです。

「秋と言えば」って色々ありますが、僕は「食欲の秋」です。秋の食材が美味しい!それでこの間の誕生日(11月13日)に生徒さんから色々有り難く頂きました。その一つは焼き栗でした。栗が大好き!

その栗は紺色の袋に入っていたため、何が入っていたのが分からなかった。それで生徒さんに:

“What’s this?”
と尋ねてみた。
そしたらその生徒さんは:
“It’s marron.”
と言った。

出た~!栗は英語で「marron」と勘違いする人。実は「marron」は英語ではなく、フランス語です。栗は英語で「chestnut」です。正直で言うと栗は英語で何と言うのを知っている日本人にまだ会ったことがない。

ほかの外来語が英語だと勘違いする言葉はいくつかありますが、僕の経験からいけば一番勘違いされているのが「栗」です。

Please remember that “marron” is NOT English, but French.  In English the word for 栗 is “chestnut”.

 

Thank you and have a GREAT day!

 

 


ハワード英会話教室

徳島市佐古2番町17-13

コーポ西3F

JR佐古駅から徒歩1分

TEL 088-678-7386

FAX 088-678-7486