今週の英会話レッスン

昨日から調子がいまひとつだ。色んな原因があると思いますが、早く元気になりたい。
こういう状態を表す英語の言葉や表現がありますが、僕は好きなのは「out of sorts」。

日本語に訳すと「元気がない」、「気分がよくない」、「意気消沈した」。ネット辞典によるとほかの意味があるらしいですが、僕はそういう風に使いません。その辞典によると「機嫌が悪い」、「不機嫌な」、「イライラして」と書いています。僕は「out of sorts」を使いたくなるのは原因不明の元気がない時。

例文:

Jack:  “How are you, Bob?”
           (ボブ、調子はどう?)

Bob:  “I’ve been out of sorts lately, Jack.”
          “最近は意気消沈したている、ジャック。)

 

While I hope you aren’t out of sorts, I do hope you’ll remember this phrase.
I also hope I get better soon!

Thanks for reading!

 

 

 

 

 

お久しぶりです!暖かいですが、間違いなく冬がすくそこだ!秋が大好きで冬が苦手な僕はちょっぴり淋しいです。

「秋と言えば」って色々ありますが、僕は「食欲の秋」です。秋の食材が美味しい!それでこの間の誕生日(11月13日)に生徒さんから色々有り難く頂きました。その一つは焼き栗でした。栗が大好き!

その栗は紺色の袋に入っていたため、何が入っていたのが分からなかった。それで生徒さんに:

“What’s this?”
と尋ねてみた。
そしたらその生徒さんは:
“It’s marron.”
と言った。

出た~!栗は英語で「marron」と勘違いする人。実は「marron」は英語ではなく、フランス語です。栗は英語で「chestnut」です。正直で言うと栗は英語で何と言うのを知っている日本人にまだ会ったことがない。

ほかの外来語が英語だと勘違いする言葉はいくつかありますが、僕の経験からいけば一番勘違いされているのが「栗」です。

Please remember that “marron” is NOT English, but French.  In English the word for 栗 is “chestnut”.

 

Thank you and have a GREAT day!

 

 

秋が深まってますね。少~しづつ木々に色がついて、気温もますます下がってきました。秋が一番好きな僕は嬉しい。

今回の「今週の英会話レッスン」は可愛い表現です。それが「a little bird told me」。日本語に当たる表現は「 風の便りに聞いた」や「小耳にはさんだ」で由来は聖書の に書いている句の「鳥はうわさを広める」。

例文としては:

Karen: “Mary, I got married.”
   「メアリー、私が結婚したよ。」

Mary: ”Yes, I know.”
   「知っているわよ。」

Karen: “How do you know that?”
   「なんでそんなこと知っているの?」

Mary: ”A little bird told me,”
   「風の便りに聞いたよ。」

日本語の「風の便りに聞いた」も可愛いと思いますが、英語の方が絵になるような可愛い表現だと思う!

Have a nice day and see you next lesson!

久しぶりの投稿!以前ほどのペースで投稿はできないと思いますが、ちょこちょこにしたいと思ってます。

今日はどんなに英語が上手でも間違える生徒さんが多いことについて説明します。それは「間接話法」です。「間接話法」は英語で「reported speech」または「indirect speech」と言います。

よくある例文は話の中で「He went to the store yesterday.」の文章が話に出て、僕が生徒さんに「When did he go to the store?」を尋ねると殆どの生徒さんが「He went yesterday.」またや「Yesterday」と言います。それは間違いです!間接話法を使って正しい答えは「He went the day before.」(「the day before」だけでもOK!)または 「He went the previous day.」(同じく「the previous day」だけでもOK!) この場合は「昨日」ではなく「前の日」に当たります。日本語だって「彼は昨日店に行きました 。」の文章に対して「彼はいつ店に行きましたか?」と聞かれたら「昨日に行きました。」と言わずに「前の日に行きました。」と言うはずです。だから日本語と同じです。

これは日本の英語の授業で教えられているはずなのに、なぜ間違えられるのが分かりませんが、9割以上の生徒さんが間違えます。

「yesterday」が「「the day before」や「the previous day」に変わる様にほかに変わるのは以下のとおり:

「today」が「that day」(多くの生徒さんが「the day」と言います。その答えはあり得ない!「その日」は「that day」なんです!)

「tomorrow」の場合は「the next day」または「the following day」。

「last month」の場合は「the month before」または「the previous month」。

「next month」の場合は「the next month」または「the following month」。

「last year」の場合は「the year before」または「the previous year」。

「next year」の場合は「the next year」または「the following year」。

 

こういうのはパターンなので、覚えればむずかしくありません。

ぜひ覚えときましょう!

最近は病んでいるように感じるかもしれませんが、一応元気です!   :-D

でも生活の色々を見直す時期がきたと感じます。成功するゾ!

今回の「今週の英会話レッスン」の「面白い言葉や好きな表現」は:
「I trust him about as far as I can throw him.」です。
直訳すれば「私は彼を投げられるほど信用する。」になります。

ほとんどの人はいくら力を持っても人間を中々投げられないよね?
ってことはその人(himでもherでもOK!)は信用できないの意味。

結局、意味は「彼を全く信用しない。」になります。

I hope you thought this was a fun expression and that you have someone in your life you can trust!

 

 

平成30年7月豪雨がもたらした被害に驚いています。九州から岐阜まで(北海道も含めて良いかも)被害が出るとは本当に信じられません。

今回の「今週の英会話レッスン」は決して「面白い」言葉ではないですが、これに関する重要な言葉です。

その言葉は「breadth」。意味は:〔物や場所の〕(横)幅、広がり、〔織物の標準の〕幅、〔場所などの〕広大さ、大きな広がり、〔知識などの〕幅広さ、広がり、〔心の〕 寛大さ、おおらかさ、〔芸術作品の〕広がり、雄大さ

発音はかなり難しい:「brédθ」。カタカナで発音をすると「ブレッドゥス」、「ブレドス」になります。

例文:

The breadth of this storm was unprecedented.
(この荒天の広大さは前代未聞のものでした。)

多くの死傷者にご冥福をお祈り申し上げます。

I pray for all those affected by the disaster and that there will be no further deaths or injuries.

Life is wonderful, but there are also problems we must face daily. Some problems can be solved easily, but not some others. But many problems can be solved better if we act quickly.

今回の「今週の英会話レッスン」の「面白い言葉や好きな表現」は上記の英文と関連します。その面白い表現は「nip it in the bud」。意味は「問題の芽を摘み取る」、「未然に防ぐ」、「未然に食い止める」。言葉を一個づつ分析すると「nip」とは「摘み[切り・むしり]取る」で、「it」が「problem/問題の代名詞で」で、「bud」はつぼみ・芽。

 

例文:

The strike was nipped in the bud.
(ストライキは未然に食い止められた。)

 

Are you good at nipping problems in the bud? To be honest, I’m not very good at it and need to try harder.

Thanks for reading. See you next week!

 

I was talking with someone about how to compliment Japanese people and learned a new word in Japanese. That word is 「察する」. I had heard the word before, but never knew the meaning or had looked it up. I’m always learning!

今回の「今週の英会話レッスン」はいつもの「面白い言葉や好きな表現」に戻ります。その面白い表現は「beat around the bush」。

直訳だと「やぶの回りをたたいて獲物を追い出す」になりますが、実用的定義は「遠回しに探る・言う」、「遠回しな・回りくどい言い方をする」、「要点に触れるのを避け る」。

 

例文:

① “My boss is a nice guy, but he doesn’t beat around the bush.”
(上司は優しい人ですが、遠回しに言ったりはしません。)

② “Please tell me your honest feelings and don’t beat around the bush.”
(遠回しに言わずに、本心を言ってください。)

 

I think much of what we have to do and say in Japan requires us to beat around the bush. It can be VERY stressful!

Thanks for reading. See you next week!

The recent earthquakes in Chiba, Gunma and the Osaka/Kyoto areas are quite worrisome and scary. Even I who grew up in an area with many earthquakes was scared. Let’s hope there are no larger quakes and few aftershocks.

 

「今週の英会話レッスン」はいつもの「面白い言葉や好きな表現」ではない。今回は一文字があるだけで意味が変わる言葉。それは「few」と「a few」です。

単なる「few」は名詞として「少数の人や物」になります。形容詞としては「少ない」、「わずかの」、「少し」、「わずか]、「しかない」、「ほとんどない」などです。

でも冠詞の「a」を付けると「少しの」、「少数の」、「少量」に変わる。

 

両方の例文:

まずは「few」:

“Few people came to my birthday party.”
「誕生日パーティーに人がほとんど来なかった。」

そして「a few」:

“I have been to Europe a few times.”
「ヨーロッパに数回か行ったことがある。」

 

Do you understand? Let’s hope there are few earthquakes from now on!

Thanks for reading. See you next week!

Sorry I wasn’t able to post a blog update last week. I wasn’t feeling well. I should have posted a note about that and I apologize for not doing that.

「今週の英会話レッスン」の面白い言葉や好きな表現はそれに関連します。その言葉は「AWOL」。「AWOL」は「absence without leave」のアナグラム(=単語の中の文字を幾つか並べ替えて、異なる意味の単語)。読みからは「エイウォル」。

意味は《軍事》無許可の離隊、無断欠勤[外出]、職務離脱、帰営遅刻。でも軍事以外に使うことは珍しくない。

 

例文:

Q: Where’s Bob today?
  (今日、ボッブはどこ?
A: He’s gone AWOL.
  (彼は無断欠勤している。)

 

I’m sorry I was AWOL last week and I hope you can accept my apology.

Thanks for reading. See you next week!

ハワード英会話教室

徳島市佐古2番町17-13

コーポ西3F

JR佐古駅から徒歩1分

TEL 088-678-7386

FAX 088-678-7486